« マッチスティック・メン | Principale | 24 »

giovedì, marzo 25, 2004

抹殺者

前述の「スパイキッズ3D:ゲームオーバー」
と共にレンタルしたのだけど

the_body.jpg

偶然にも、バンデラスがどちらにも出演していた。
狙ったワケではなく、偶然っす。

しかしこの映画、観終わってメニューで確認するまでずっと
「暗殺者」だと勘違いしてた。だからすっごいアクションものだと期待して観たわけ。
なのに全体のテンポがゆるゆるなまま進んでいき、
まあ最後にどかーん!とかダダダッとかドンパチはあったけど、
どうにも消化不良な感じがしてならない。
原題は「THE BODY」。どうしてここから「抹殺者」になっちゃうの?

エルサレムで発見された、『磔にされた男の遺体』がキリストであるかどうか
調査するうちに、過激派組織からも狙われていくっていう内容。
ヴァチカンから命令を受けて調査する神父にアントニオ・バンデラス。
発見した女科学者に「ポストマン」でケビン・コスナーの相手役だった
オリヴィア・ウィリアムス。

アントニオ・バンデラスが神父ってどうなの?
「暗殺者」だど思って観てたから、いつ豹変するのかと
ある意味ワクワクしながら観てたんだけど、全然普通だった。聖職者だったよ。

イスラエル、パレスチナ、ヴァチカン。
キリストを巡りそれぞれの思惑や政治思想が絡まってる。
日本人には理解が難しいと思う。

DVDレンタルにて鑑賞。

|

« マッチスティック・メン | Principale | 24 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「映画:ま〜も」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25136/351256

Di seguito i weblog con link a 抹殺者:

« マッチスティック・メン | Principale | 24 »