« シャーク・テイル(BlogPet) | Principale | Shall We Dance?(2004) »

martedì, aprile 12, 2005

i story/thom.
最近買ったCDレビューVol.7

thom

メロディアスとエレクトリカルが混在する
ドイツ人シンガー。

本名は、トマス・ハインリヒ(おお!ドイツっぽいぞ)
72年生まれで18歳の頃から
バンド活動(ヴィヴィッド)をしていた。
そのバンドで11年間(!)活動した後
03年にソロデビューしたのだという。

BMVのCMに曲が使用されたり
(M-3:「Principle Of Joy」)、
ヴェンダース監督作
ランド・オブ・プレンティ(原題)」のサントラに7曲ほど曲提供。

ドイツ人ミュージシャンの曲って
そういや聴いたことないな〜と思って手にしてみたら
なかなかいい感じだったので、その場で買ってしまった。
どうもドイツの音楽って偏見があって(^^ゞ
メタルかテクノ系のイメージだった。
ほんと、聴かず嫌いってヤツ。

だけど、このthomは聴きやすい。
聴いた当初の印象は
声がボノっぽいってこと。節々が似てるなと思う。
「Principle Of Joy」なんて、曲自体もU2みたいだもの。
アコースティックな感じに
エレクトリカルなエッセンスが入っていて
ちょっと不思議なポップスになってる。
買おうと決めた曲は
M-3「Principle Of Joy」と
M-4「Love Is Real」、
M-5「Leave It All Behind」の3曲かな。
特にM-4とM-5は、
エスニック調で大陸的な雰囲気が好み。
時にサイモン&ガーファンクルっぽかったり
ビートルズっぽかったりと、
それぞれの曲の雰囲気は様々なので
いろんな顔というか、音楽の幅がある人なのかもしれない。

だだ残念なのは
最後まで集中力が続かないことなのだ
あくまでも、私個人に起こる現象なのかもだけど
あまり後半の曲がどんなだったか覚えてなくて
気が付くと16曲目のサントラ収録曲になっている(^^ゞ
後半になるにつれて、
エレクトリカル要素が増えるからかもしれない。
要するにピコピコ度ってことなんだけど。

それにしても、このジャケットの横顔・・・
今更気が付いたけど
Gaktに似てないか?
(双方のファンの方ごめんなさいね)
正面から見ると全然違うけど(^^ゞ

Amazonで確認するアイストーリー
※試聴機能が付いてないリンクなので、聴けません

試聴はオフィシャルサイトでどうぞ

|

« シャーク・テイル(BlogPet) | Principale | Shall We Dance?(2004) »

「音楽」カテゴリの記事

「音楽・CDレビュー」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25136/3671635

Di seguito i weblog con link a i story/thom.
最近買ったCDレビューVol.7
:

« シャーク・テイル(BlogPet) | Principale | Shall We Dance?(2004) »