« ロング・エンゲージメント | Principale | バッド・エデュケーション »

mercoledì, aprile 06, 2005

Languege.Sex.Violence.Other? / Stereophonics
最近買ったCDレビューVol.6

s-phonics

2年ぶりの新作!
通算5作目となるニューアルバムは
新生フォニックスの出発点。

Streophonicsとの出会いは
たぶんMTVで観た
「Bartender and the Thief」のPVだと思う。
3ピースバンドなのに音に厚みがあって、
疾走感があって、ボーカルの声がとてもしゃがれてた。
どこかのライブ映像で迫力もあった。
すごく印象的だったので
その後アルバム
「Performance and Cocktails」を手に入れ
その前のファーストも聴いた。
3rdアルバムは、試聴した時に
自分が求めているモノとは違ったので
結局買わずに今に至るけど、
4ndは今までと違う雰囲気も面白いと思って手に入れた。
そして今作。
初めて聴いた時のフォニックスが帰ってきた気がした。
ノリがよく、疾走感がありシンプル。
ライブで観たい!って思える作品になっている。
やっぱり、ケリーのしゃがれ声には
こういう曲が合うんだろうなあ。

ドラムのスチュアート脱退等、トラブルもあったけど
アルゼンチンで偶然再会(しかも危機的状況を助けてくれたらしい)した、ドラマー:ハヴィエ・ウェイラーという新規メンバーも見つかり新たな出発点に立ったといえるだろう。

ファーストシングルの「Dakota」は
今までとちょっと違った感じでポップな雰囲気なので
最初は驚くけど、聴けば聴くほど
なんだかしっくりきて、
お気に入りになっているから不思議だ。

☆オススメ曲☆
M-1,M-2,M-3,M-4,M-5,M-9

Amazonで試聴するLanguage. Sex. Violence. Other?

「Dakota」のPVとメイキングのDVDつきはこちら
ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?(DVD付)
DVDは、「Dakota」のPVと、
恐ろしくそっけない感じのメイキング入り(笑)

|

« ロング・エンゲージメント | Principale | バッド・エデュケーション »

「音楽」カテゴリの記事

「音楽・CDレビュー」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25136/3590811

Di seguito i weblog con link a Languege.Sex.Violence.Other? / Stereophonics
最近買ったCDレビューVol.6
:

« ロング・エンゲージメント | Principale | バッド・エデュケーション »