« Natalie Imbruglia / Counting down the days
最近買ったCDレビューVol.12
| Principale | Beck / Guero
最近買ったCDレビューVol.13 »

giovedì, luglio 14, 2005

ホステージ

どちらも守るべきものな場合の選択は?

Hostage

hostage_ver3

【プロローグと感想】
ジェフ・タリーは、LAPDのスゴ腕交渉人だったが、
交渉の甲斐無く、犯人が人質を殺害し自殺を図るという
最悪の結果になってしまった一年前の事件以来、
LAを離れ、小さな町の警察署長として生活していた。
ある日、小高い丘の上にある
豪華な邸宅へ、3人の若者が忍び込んだ。
単に車を盗むつもりだった若者達だったが
警報を受け確認をしに訪れた警官がやって来た辺りから
歯車が狂い始めるのだった・・・・。

**************************

結構お気に入りな映画
「スズメバチ」の監督、フローラン・エミリオ・シリの
ハリウッド進出第一作。

予告を観た時に、とっても「スズメバチ」的な香りがしたので
ちょっと楽しみにしていた作品。

画的には、同じ撮影監督であるからか、
質感とか陰影とかがモロ「スズメバチ」だった。
でも、主人公のタリーの心情を中心に描いたからか
アクション映画だと思って観ると
拍子抜けしちゃう作品でもある。

ブルース・ウィリスといえば、「ダイ・ハード」な訳だけど
ちょっと「ダイ・ハード」な感じの設定でもある。
その辺が凄くダブってしまう。

目に見える犯罪と、見えない犯罪が
同時進行していく。
目に見える方は、解りやすい様に見えて
一番サイコな青年マースの心は複雑。
まあ、今の犯罪犯してしまう若者って
ああいう感じなのかもしれないけど。

もう一つの犯罪については
これは、アメリカ映画なのに
フランス映画みたいな終幕。
フランスならこういう形でもOKだったかもだけど
アメリカ映画だってことを前提に考えると
多少不満は残るかな。

豪邸のシステムをもっと上手く使えばいいのにと思った。
あれじゃあ、あんまし意味無さ過ぎ。
細かい部分は、結構良くできているのに
それを組み合わせると、お互いを殺してしまう。
そんな感じで、惜しい!
って印象が強かったなあ。
全体の雰囲気としては好みなんだけど。

原作があって、相当評判良かったみたいなのね。
機会があったら読んでみようかと思ってます。

【キャスト紹介】
ジェフ・タリー役は、ブルース・ウィリス
今回は動の演技よりも、静の演技がメイン。
かなりぐしゃぐしゃになったりします。
単なるアクション俳優にとどまらないのは、この演技力によるのかな。
「評決」(ノンクレジット)
「ブラインド・デート」「ダイ・ハード」
「ブルース・ウィリス/イン・カントリー」
「ベイビー・トーク」(声の出演)
「ダイ・ハード2」
「リトル★ダイナマイツ/ベイビー・トークTOO」(声の出演)
「虚栄のかがり火」「愛を殺さないで」
「ハドソン・ホーク」「ビリー・バスゲイト」
「ラスト・ボーイスカウト」「永遠に美しく・・・」
「ローデッド・ウェポン1」(ノンクレジット)
「スリー・リバーズ」「ノース/ちいさな旅人」
「薔薇の素顔」「パルプ・フィクション」
「ノーバディーズ・フール」「ダイ・ハード3」
「フォー・ルームス」(ノンクレジット)
「12モンキーズ」「ラストマン・スタンディング」
「劇場版 ビーバス&バッドヘッド DO AMERICA」(声の出演)
「フィフス・エレメント」「ジャッカル」
「マーキュリー・ライジング」「アルマゲドン」
「マーシャル・ロー」
「ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ」
「シックス・センス」「ストーリー・オブ・ラブ」
「隣のヒットマン」「キッド」
「アンブレイカブル」「バンディッツ」
「ジャスティス」「ティアーズ・オブ・ザ・サン」
「ラグラッツのGOGOアドベンチャー」(声の出演)
「チャーリズ・エンジェル/フルスロットル」(ノンクレジット)
「隣のヒットマンズ 全弾発射」
「オーシャンズ12」(ノンクレジット)等。
今後の作品は
ロバート・ロドリゲスとタランティーノが再び組んで描く
「シン・シティ」(ジェシカ・アルバ、イライジャ・ウッド
ベニチオ・デル・トロなど共演)
ジョシュ・ハートネット、モーガン・フリーマン出演の
「Lucky Number Slevin(原題)」
再び、ベン・フォスターと共演し、
ジャスティン・ティンバーレイク、シャロン・ストーン等出演の
「Alpha Dog(原題)」
リチャード・ドーナー監督作
「16 Blocks(原題)」
アブリル・ラヴィーンなどが声の出演予定のアニメ
「Over the Hedge (原題)」
そしていよいよの「Die Hard 4.0(原題)」などが控えている。

ウォルター・スミス役は、ケヴィン・ポラック
私が、彼の存在を知ったのは
「ユージュアル・サスペクツ」からだった。
小市民ぽいルックスだけど、どこか抜け目ない感じのキャラ多し。
「おかしなおかしな成金大作戦」
「ウィロー」「わが心のボルチモア」
「L.A.ストーリー/恋が降る街」
「詐欺師とウソつき患者」
「リコシェ」「ア・フュー・グッドメン」
「ウェインズ・ワールド2」「ラブリー・オールドメン」
「マイアミ・ラプソディー」「ユージュアル・サスペクツ」
「ジョン・キャンディの大進撃」「カジノ」
「すべてをあなたに」「気まぐれな狂気」
「楽してゲット!」「シーズ・オール・ザット」
「エンド・オブ・デイズ」「隣のヒットマン」
「ウェディング・プランナー」「スコーピオン」
「ドクター・ドリトル2」(声の出演)
「夏休みのレモネード」
「サンタクロース・リターンズ!クリスマス危機一髪」
等に出演。

トミー・スミス役は、
ジミー・ベネット
JimmyBennett
「ホーム・アローン」な少年を演じ、
声高にコーフンしてしゃべりまくる。
映画のタイトルを探すシーンはハラハラしちゃったw
「チャーリーと14人のキッズ」「サラ、いつわりの祈り」
「ポーラー・エクスプレス」(声の出演:ロンリーボーイ)等。
テレビドラマでは「CSI:科学捜査班」などにゲスト出演。
今後は
ライアン・レイノルズ主演、「悪魔の棲む家(1979)」のリメイク?
「The Amityville Horror(原題)」
ポール・ベタニー、ハリソン・フォード出演の
「Firewall(原題)」
ジョシ・ルーカス、カート・ラッセル、
エミー・ロッサム共演、
「ポセイドン・アドベンチャー(1972)」のリメイクで
「The Poseidon Adventure(原題)」等。

ジェニファー・スミス役は、
ミシェル・ホーン
制服姿と、私服姿ではまるで別人。
ちょっとぽっちゃりちゃんの役。
「Stuart Saves His Family(原題)」でスクリーンデビュー。
「ライオン・キング2 シンバズ・プライド」(声の出演)
テレビドラマ「Family Law」のCassie Holt役でレギュラー出演。
他テレビドラマでは「エンジェル」「プラクティス」などに出演。

マース役は、ベン・フォスター
クレイジー。サイコ。
後半の彼のシーンは殆どホラー並だった
「マネークラッシュ」でスクリーンデビュー。
「ビッグ・トラブル」「フォーン・ブース」(ノンクレジット)
「パニッシャー」「サラ、いつわりの祈り」などに出演。
テレビドラマでは「Family Law」
「ボストン・パブリック」などにゲスト出演し
「シックス・フィート・アンダー」では3シーズンから
レギュラー出演している。
今後は、再びブルース・ウィリスと共演する
「Alpha Dog(原題)」が控えている。

デニス・ケリー役は、
ジョナサン・タッカー
強がっているけど気弱な役どころ。
誰かに認めて貰いたいタイプなのかもしれない。
「サンドラ・ブロックの恋する泥棒」
「スリーパーズ」(ビリー・クラダップが演じた役の少年時代)
「ヴァージン・スーサイズ」「テキサス・チェーンソー」等
テレビドラマでは「プラクティス」
「CSI:科学捜査班」「Punk'd」
「シックス・フィート・アンダー」(4シーズン)等に出演。

ケヴィン・ケリー役は、
マーシャル・オールマン
デニスの弟役。
ワルぶってはいるけど、基本的に普通の少年。
自分達のやっていることが相当ヤバいことに気が付いて
オロオロ・・・・。
「ボストン・パブリック」「マルコム・イン・ザ・ミドル」
「プラクティス」などのテレビドラマに出演。
スクリーンデビューは「Shallow Ground(原題)」
今作が日本公開初作品。

ジェーン・タリー役は、
セレナ・スコット・トーマス
ジェフの妻。
離婚も考えているのだが・・・・。
「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」
「ハリケーン・コースト」等に出演。
テレビドラマでは「刑事ナッシュ・ブリッジス」
「バフィー〜恋する十字架」等に出演している。

アマンダ・タリー役は、
ルーマー・ウィリス
RumerWillis
LAが忘れられないジェフの一人娘。
自分の置かれている環境が、父のせいだと不満タラタラ。
ずっとぶーたれ顔なので、ちっともカワイクない(^^ゞ
ブルース・ウィリスの実の娘で、母はデミ・ムーア。
もんのすごい、デミ似ですなw
「Dearフレンズ」(デミが演じた役の娘役)
「素顔のままで」「隣のヒットマン」等、
両親のどちらかが出演している作品に出演しているのみ。

時計の男役は、キム・コーツ
「パレ・ロワイヤル」「ラスト・ボーイスカウト」
「イノセント・ブラッド」「依頼人」
「バッドボーイズ」「ウォーターワールド」
「アンフォゲタブル」「秘密指令クラッシュ」
「ドタキャン・パパ」「AIRBORNE エアボーン」
「バトルフィールド・アース」「パール・ハーバー」
「ブラックホーク・ダウン」
「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」
「アウト・オブ・タイム」等に出演
今後は
「要塞警察」のリメイクで
「Assault on Precinct 13(原題)」
ショーン・ビーン出演の
「Silent Hill(原題)」などがある。

ウィル・ベクラー役は、
ロバート・ネッパー
robert_knepper
「吐きだめのヒーロー」「メイド・イン・ヘブン」
「D.O.A.」「レネゲイズ」
「ヤングガン2」「ガス・フード・ロジング」
「ハートブレイク・タウン」「犯罪心理捜査官」
「サーチ&デストロイ」
「世界中がアイ・ラブ・ユー」「ファントム」等
テレビドラマは
「ロー&オーダー」「ER」
「スタートレック・ヴォイジャー」
「CSI:マイアイミ」などに出演。

ローラ・ショーメイカー役は、
ティナ・リフォード
「ジョーズ'87/復讐篇」(声のみ)「ナッツ」
「カラーズ/天使の消えた街」
「カジュアル・セックス?」(声のみ)
「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」
「ニュー・ジャック・シティ」「ウェドロック」
「わが街」「ベイブ」(声の出演)
「ボイスレター」「パニック/脳壊」
「ペイ・フォワード 可能の王国」
「リーマン・ジョー!」「ブラッド・ワーク」等に出演。
テレビドラマでは
「L.A.ロー」「プラクティス」
「CSI;科学捜査班」などがある。

マイク・アンダース役は、
ランスフォード・ドハーティ
「ER」「NYPDブルー」などテレビ中心活動。
ショートムービーに出演あり。
日本公開作は今作が初のようです。

キャロル・フロアーズ役は、マージーン・ホールデン
「ビルとテッドの大冒険」「新 死霊のしたたり」
「刑事ジョー/ママにお手あげ」
「フィラデルフィア・エクスペリメント2」
「ネメシス」「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」
「ヴァンパイア/最期の聖戦」「THURSDAY」

リドリー役は、マイケル・D・ロバーツ
「ハンター」「スペース・パイレーツ」
「刑事グラハム/凍りついた欲望」
「レインマン」「クロスゲージ」等に出演。
テレビドラマでは「冒険野郎マクガイバー」
「ナイトライダー」「ビバリーヒルズ青春白書」
「となりのサインフェルド」「フレンズ」など。

ビル・ヨルゲンセン役は、アート・ラ・フルール
「ダーティファイター/燃えよ鉄拳」
「わたしは女優志願」「ウォー・ゲーム」
「殺したいほど愛されて」「シティヒート」
「赤い靴をはいた男の子」「コブラ」
「ブロブ/宇宙からの不明物体」
「ランページ/裁かれた狂気」
「フィールド・オブ・ドリームス」
「エア★アメリカ」「ブルージーン・コップ」
「オスカー」「ミスター・ベースボール」
「フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白」
「みんな愛してる」「サンドロット/僕らがいた夏」
「マーヴェリック」「リプレイスメント」
「サンタクロース・リターンズ!クリスマス危機一髪」
「シンデレラ・ストーリー」等に出演。
テレビドラマでは
「チャーリーズ・エンジェル」
「ベイ・ウォッチ」「ER」
「ボーイ・ミーツ・ワールド」
「エンジェル」「ザ・プラクティス」
「マルコム・イン・ザ・ミドル」など多数。

コヴァック役は、ランディ・マクファーソン
劇場公開作は、今作が初。
テレビでの活躍が多く
「マッドTV」「リジー・マクガイア」
「マルコム・イン・ザ・ミドル」などに出演。

ルイス巡査役は、
ヘクター・ルイス・バスタマンテ
劇場公開作は、今作が初。
他テレビドラマ出演で
「刑事ナッシュ・ブリッジス」「NYPDブルー」
「モンク」「24(シーズン4)」等。

ルイーズ役は、キャサリン・ジューステン
joosten
「ザ・パッケージ/暴かれた陰謀」
「リスキーブライド/狼たちの絆」
「フェニックス」等に出演。
テレビの方が出演が多く、
「ER」「マーフィー・ブラウン」
「となりのサインフェルド」
「そりゃないぜフレイジャー」「NYPDブルー」
「ダーマ&グレッグ」「バフィー〜恋する十字架」
「アリーMyラブ」「スピン・シティ」
「X-Files」「タイタス」「モンク」
「チャームド」「ウィル&グレイス」等多数。

ジョーンズ役は、ジョニー・メスナー
「クリスティーナの好きなコト」
「ティアーズ・オブ・ザ・サン」
「隣のヒットマンズ 全弾発射」
「アナコンダ2」等に出演。
今後は
ポール・ウォーカー主演
「Running Scared(原題)」
パリス・ヒルトン主演の
「Bottom's Up(原題)」等が控えている。
テレビドラマ出演は
「エンジェル」「CSI:科学捜査班」
「フレンズ」等。

灰色の髪の男役は、
ジョン・イングル
john_ingle
「デヴィッド・バーンのトゥルー・ストーリー」
「アメリカン・パロディ・シアター」
「ヘザース/ベロニカの熱い日」
「ロボコップ2」「永遠に美しく・・・」
「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」
「ハリケーン・チェイサー」等に出演。
テレビドラマでは
「ダラス」「ファミリー・タイズ」
「アルフ」「ビバリーヒルズ高校白書」
「メルローズ・プレイス」
「ボーイ・ミーツ・ワールド」等。

ジョー・マック役は、
ジェイミー・マクシェーン
冒頭立てこもり男。
映画には、97年から出演。
テレビドラマにも多く出演しており
「CSI;科学捜査班」「エンジェル」
「NYPDブルー」「シックス・フィート・アンダー」
「エイリアス」「X-Files」
「ER」「モンク」「24」等。

ショーン・マック役は、
ジミー・ピンチャック
立てこもり男の息子。
「ポーラー・エクスプレス」(声の出演)
テレビドラマでは「CSI:科学捜査班」にゲスト出演。

レイフィッツ警部補役は、
グレン・モーシャワー
「フィラデルフィア・エクスペリメント」
「ロック・ホラー・ベイビー/死霊の子守唄」
「84★チャーリー・モピック/ベトナムの照準」
「デッドフォール」「沈黙の戦艦」
「激流」「ジェネレーションズ/STAR TREK」
「エア・フォース・ワン」「GODZILLA ゴジラ」
「フェニックス」「パール・ハーバー」
「ブラック・ホーク・ダウン」「ブラッド・ワーク」
「ザ・コア」「ジョン・ゲイシー」
「ラスト・ショット」等に出演
もう間もなく公開される
ヨアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソン共演
「アイランド」以降、
モトリー・クルーのトミー・リー、
ヴィンス・ニールなどが声を担当?のアニメ
「Disaster!(原題)」
ジョージ・クルーニーが監督/出演の
「Goodnight, and Good Luck(原題)」
ショーン・ペン、ジュード・ロウ
マーク・ラファロ、アンソニー・ホプキンス等出演の
「All the King's Men(原題)」などが控えている。
テレビドラマでもよく観る顔で
最近では「24」で
大統領主任警護官:アーロン・ピアース役が有名かも。
他「ダラス」「スタートレック/ネクストジェネレーションズ」
「スタートレック/ヴォイジャー」「NYPDブルー」
「ダーク・スカイ」「The X-Files」
「ミレニアム」「CSI:科学捜査班」
「バフィー〜恋する十字架」「エイリアス」
「モンク」「チャームド」など多数。

ボビー・ノックス役は、チャド・スミス
chad
レッチリのチャドとは別人物ですw念のため。
「ザ・パッケージ/暴かれた陰謀」等に出演。
他、日本未公開作と、テレビ出演あり。

心理分析官役は、スコット・アラン・キャンベル
ScottAllanCampbell
「クライシス2050」「ホワイト・オーランダー」等
テレビドラマでは
「NYPDブルー」「ダーク・スカイ」
「ザ・プラクティス」「Tne X−Files」
「ベイウォッチ」「24」
「ボストン・パブリック」等。

看護婦役は、ジェーン・マクファーソン
前作、「パッセンジャー57」でも看護婦役w
看護婦顔なのか?今作が二度目の映画出演。

ベンチュラ群保安官狙撃手役は、
ピーター・ワイレター。(ノンクレジット)
LAPDのSWATとしてのノウハウを元にテクニカルアドバイザーとして参加。
同じ様に、テクニカルアドバイザーとして関わっている作品は
「乱気流/タービュランス」
「エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち」
「マーキュリー・ライジング」「DENGEKI 電撃」
「ハリウッド的殺人事件」「ダーク・スティール」など。
スタントとして「ソルジャー」「ペイ・フォワード 可能の王国」
「DENGEKI 電撃」「ハリウッド的殺人事件」
「ターミネーター3」「バッド・サンタ」などに出演。
役者としての出演は
「今そこにある危機」「絶対×絶命」
「将軍の娘/エリザベス・キャンベル」
「ロードキラー」「バンディッツ」
「ダーク・スティール」「セルラー」など。
ハリソン・フォードのセキュリティや、相談役を務める事も多い。

監督は、
フローラン・エミリオ・シリ
「Une minute de silence(原題:未) で監督デビュー。
「スズメバチ」で鮮烈な印象を残す。
今作が、ハリウッド進出1作目となる。

【オフィシャルサイト】
英語 日本語

【関連モノ】

|

« Natalie Imbruglia / Counting down the days
最近買ったCDレビューVol.12
| Principale | Beck / Guero
最近買ったCDレビューVol.13 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「映画:は〜ほ」カテゴリの記事

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25136/4962343

Di seguito i weblog con link a ホステージ:

» 「ホステージ」ジャパンプレミア [CINEMA侍:シネマ侍]
2005/05/23 新宿ミラノ座 公式サイト 「シックスセンス」以来6年ぶりの [Continua a leggere]

Registrato in data giovedì, luglio 14, 2005 a 10:03 m.

» 映画『ホステージ』を観て [KINTYRE’SPARADISE]
人気blogランキングへ【この映画について】この映画はズバリ言ってブルース・ウイリスのダイ・ハード・シリーズと似たような内容だ。米国でもベストセラーを記録した小説の映画化で、ウイリスが一度読んで気に入って自ら映画化権を獲得したそうだ。タイトルは直訳すれば「...... [Continua a leggere]

Registrato in data mercoledì, agosto 17, 2005 a 12:07 m.

» サンタクロース・リターンズ!クリスマス危機一髪 [DVDジャンル別リアルタイム価格情報]
人気のコメディアン、ティム・アレンら愉快な仲間が再結集した『サンタクローズ』の続編。2002年クリスマス。“サンタ史上最高のサンタ”スコットは「サンタクロースは、結婚していなければならない」という条件を満たしていないために、その職を追われようとしている。クリスマスまであと1ヶ月。果たしてスコットはミセス・サンタクロースを見つけることができるのか…。... [Continua a leggere]

Registrato in data domenica, dicembre 11, 2005 a 06:26 m.

« Natalie Imbruglia / Counting down the days
最近買ったCDレビューVol.12
| Principale | Beck / Guero
最近買ったCDレビューVol.13 »