« The Wallflowers / Rebel,Sweetheart
最近買ったCDレビューVol.16
| Principale | レジェンド・オブ・ゾロ »

venerdì, agosto 19, 2005

0:34

終電に乗り遅れたら・・・・?

Creep

creep

【プロローグと感想】

ケイトはパーティの帰りの地下鉄で、ついウトウトしてしまう。
目覚めた時には、最終電車も去った後で、
出口が封鎖されていて外に出られなくなっていた。
途方に暮れていると、突如電車がホームに到着。
乗り込むが、乗客は自分しかいない・・・
異常に気が付たケイトに近づいてくる男は
自分を追ってきたしつこい男=ガイだった。
彼に強引に襲われそうになった時、
突然ガイが何者かに引きずられて姿を消す。
「逃げろ・・・・!」とガイは言い残し再び車両の下へ・・・。
出口を求めて逃げるケイトだったが・・・・・

***********************

イギリスで公開時に
多くの観客が「しばらくロンドンの地下鉄に乗りたくない」と言ったらしい。

出演者で有名なのは主演のフランカ・ポテンテくらいで
後は初めて知る役者が多く、低予算なんだなあと思う作りになっている。
一応、密室ホラーの部類に入るのかな。
逃げ回る場所はいろいろあるので、空間としては広いけど
そこから地上へは逃げ出せない状態だから。

前半は、姿が見えない恐怖ってのが
全面に出ていて、それが上手く恐怖を煽ってたんだけど
後半に、殺人鬼の姿が画面上に現れてから
ちょっと違う方向へ行ってしまったかなあという感想。
前半の緊張感が後半まで持続すれば
もっと楽しめたかもしれないけど
後半は単にグロテスクな表現が多くて
一応観てたけど、目を背けたくなる表現も多かった。

殺人鬼の背景は、結構使い古された設定。
いわゆる「気の毒な人」タイプ。
もっと、衝撃なのを期待してたんだけどなあ。

ひたすら気持ち悪くて、怖いので
グロい表現とか苦手な人にはお勧めできない作品。


【キャスト紹介】
ケイト役は、フランカ・ポテンテ
「ボーン・アイデンティティ」シリーズでは
気にならなかったけど、アゴ割れてますな。
案外男顔。ことさらオカマに見えちゃって(^^ゞ
しかも、何でも人にやらせるし。
自分でやんなさい!って思う場面たくさんあったなあ。
「ラン・ローラ・ラン」「アム・アイ・ビューティフル?」
「アナトミー」「ブロウ」
「ストーリーテリング」「ボーン・アイデンティティー」
「17歳〜体験白書〜」「アナトミー2」
「ボーン・スプレマシー」等に出演。
今後の作品は
「Eyes of the Street(原題)」「Elementarteilchen(原題)」
ベニチオ・デル・トロがチェ・ゲバラを演じる「Che(原題)」等がある。

ジョージ役は、ヴァス・ブラックウッド
文句いいつつ、ケイトと逃亡を図る。
頼れる存在だったのだけど・・・・。
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」
「脱獄者」「ミーン・マシーン」等に出演。

ガイ役は、ジェレミー・シェフィールド
100%ケイトは自分に気があると勘違いしている
いろんな意味で気の毒な男。
sheffield
「アンナ・カレーニナ(’97)」に出演。
他、「The Wedding Date(原題)」など。
他はイギリステレビドラマ出演が多い。

ジミー役は、ポール・ラットレイ
地下鉄に彼女のマンディと住まう、若いホームレス。
若くしてホームレスをしているだけあって、
絶望的状況になると逃げに回る。
結構気になる俳優さん。
paul
「エニグマ」「アドルフの画集」に出演。
ショートムービーとテレビドラマに出演が多い。

マンディ役は、ケリー・スコット
ジミーと一緒に地下鉄に住んでいる。
切符を売って生活している。常にラリってる。
kelly
今作がスクリーンデビュー。

アーサー役は、ケン・キャンベル
ジョージの職場先輩。勤務中に「あるもの」を目撃。
ken-campbell
「夜空に星のあるように」「テンペスト」
「最前線物語」「ブレイキング・グラス」
「ZOO」「リヴァプールから手紙」
「ブライド」「ワンダとダイヤと優しい奴ら」
「スキャンダル」等に出演。

夜警役は、モーガン・ジョーンズ
しゃべり方が嫌みったらしい地下鉄夜警。
morgan_jones
「同級生」に出演。
他テレビドラマに出演多し。

クレイグ役は、ショーン・ハリス
手術ごっこのシーンはポイントが高いw
あの悲鳴は耳につく。
それにしても、実物はこんな顔をしているとは!
sean_harris
「トムとトーマス」「24アワー・パーティ・ピープル」等。
今後の作品は
「Taruma(原題)」「Frozen(原題)」
「Asylum(原題)」「Isolation(原題)」
「Brothers of the Head(原題)」(ウィル・ケンプ出演)等がある。

【オフィシャルサイト】
英語 日本語※注:音出ます


アミューズCQNにて鑑賞

|

« The Wallflowers / Rebel,Sweetheart
最近買ったCDレビューVol.16
| Principale | レジェンド・オブ・ゾロ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「映画:ら〜ろ」カテゴリの記事

Commenti

おおおおお~
クレイグ~!!!!

案外イケメンじゃない貴方!
まったく原型を留めていない特殊メイクにびっくり(笑)

それにしても精神衛生上よろしくなかった映画です。
でもクレイグの素顔を見たことによって救われました(笑)

Scritto da: れみーん | domenica, agosto 21, 2005 a 06:43 p.

本当だ!結構普通の男性だぁ!!

コレがアレになるわけなんだよねぇ、
髪の毛と顔色って大切ですね。

れーみんさん、ごめんなさい。私はイケ面とは思いません。

Scritto da: ナオクマ | martedì, agosto 23, 2005 a 01:44 m.

☆れーみんさん
「れみーん」さんになってるけど(^^ゞ
クレイグ、あのメイクからはこんな地顔想像できないですよね。
確かに、精神衛生上はよくないかも。

☆ナオクマさん
普通で繊細でしょ?
あの顔はこの写真から想像できませんねえ。
本当に髪の毛は大切w

Scritto da: FLUFFY | martedì, agosto 23, 2005 a 01:54 m.

>ナオクマさん
すみません、言い過ぎました(笑)
実は私もイケメンとまでは思ってませんでした。
あまりにも地顔が普通なのでちょっと安心して褒めたくなって・・・(笑)
でも輪郭はクレイグを彷彿とさせるものがあるかもな・・・。
やはりハゲ効果大でしたね。

Scritto da: れみーん | mercoledì, agosto 24, 2005 a 10:35 p.

キャンベルで高いジョージなどされていて
イギリスでグロテスクなどをウィルされたみたい…


Scritto da: BlogPetのBianca | venerdì, agosto 26, 2005 a 09:17 m.

FLUFFYさん、ご無沙汰しております。
久々に覗いてみたら、デザインが変わっててビックリでした。(笑)
新デザインとコチラの作品の画像が妙にマッチングしてたんで、つい(引き込まれるように)読んでしまいました。
すごく面白そう・・・と思ったケド、ホラーなんですね。あー無理だ。(笑)

下らぬコメントでスミマセン。
下らぬついでに・・・出演者紹介の最後の彼、カッコイイっ!
もうひとつオマケに・・・『ルパン』、私も観に行く予定でいます。(左端にあるバナー、目を引きましたよ!!)

Scritto da: aju | lunedì, agosto 29, 2005 a 09:09 p.

☆れみーんさん(笑)
なんで、こっちは「れみーん」なのか
相変わらず不明なんですが・・・まあいいでしょう。
『案外イケメン』ってことですよね?
確かにあの映画の中のクレイグを最初に観たら
そう思うかもw
私は鼻あたりが、クレイグ的かと・・・w

Scritto da: FLUFFY | venerdì, settembre 02, 2005 a 11:13 m.

☆ajuさん
こちらこそ、すっかりご無沙汰で(^^ゞ
自分のブログを管理しないときって
お友達のブログも見なくなっちゃうみたいなんですよ(^^ゞ
この作品は、ホラーで気持ち悪いし
グロテスクなので、もともとホラー嫌いな人は
絶対止めておいた方がいいです。
ajuさん的には、ショーン・ハリスお好みですか?
本当に映画の役とはまるで違うので(^^ゞ
でも、彼が出演している
「24アワー・パーティ・ピープル」は観てみたいです。
「ルパン」も楽しみですねえ。豪華そうだし。
ココログでキャンペーンしてるみたいなので
ぜひajuさんもどうぞ!

Scritto da: FLUFFY | venerdì, settembre 02, 2005 a 11:14 m.

そうそう、ギャップがそう言わせるという。

>なんで、こっちは「れみーん」なのか

と言いますと、こっちで「れ」と打っただけで
もう「れみーん」と出てきてしまうのですよ。

で、なんとなく「私れみーんだ」と思ってしまうのですよ。

Scritto da: れみーん | sabato, settembre 03, 2005 a 11:48 p.

Biancaたちが、イギリスで苦手や、アワーとか住まう
アンナたちが、上手く原題など行ってしまったかなあ
FLUFFYが、地上とかをロックする?


Scritto da: BlogPetのBianca | venerdì, settembre 23, 2005 a 09:32 m.

Biancaが、イギリスでシリーズをマシーンしなかった?


Scritto da: BlogPetのBianca | venerdì, ottobre 21, 2005 a 09:14 m.

突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。

Scritto da: 日本インターネット映画大賞 | sabato, dicembre 31, 2005 a 10:58 p.

きょうBiancaはロンドンまでローラの作品一緒したかった。

Scritto da: BlogPetのBianca | venerdì, gennaio 13, 2006 a 09:04 m.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25136/5509974

Di seguito i weblog con link a 0:34:

» 『0:34 レイジ 34 フン』を鑑賞 [-PARADOX- 映画 金庸 武侠]
  題名:0:34 レイジ 34 フン -CREEP- 時間:85分 監督:クリストファー・スミス 出演:フランカ・ポテンテ、ショーン・ハリス 等 あらすじ:ロンドンの地下鉄チャリング・クロス駅。深夜0時34分の終電に乗り遅れた上に、出口も全て閉鎖され、途方に暮れた...... [Continua a leggere]

Registrato in data sabato, settembre 03, 2005 a 11:06 m.

» 日本インターネット映画大賞 [日本インターネット映画大賞 in ブログ]
 映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞 [Continua a leggere]

Registrato in data domenica, dicembre 25, 2005 a 10:17 p.

« The Wallflowers / Rebel,Sweetheart
最近買ったCDレビューVol.16
| Principale | レジェンド・オブ・ゾロ »